互助会トラブルを避けて、大阪葬儀を執り行うには

冠婚葬祭を行う際、費用が安くなったり、サービス特典が受けることが可能というメリットの多い互助会は、全国でも利用する人が多いサービスでもあります。月々の掛け金を一定期間払い込むことにより、結婚式や葬儀を執り行う際に、その額に応じてさまざまなサービスを受けることが出来るようになります。 一見、積み立て預金に似ていることから、将来の足しになればと、気軽に始める人も多いのですが、内容についてきちんと知っておかないと、あとあとトラブルにもつながりかねません。互助会に加入する場合には、そのサービスについてよく確認して申し込むようにすることが大切です。 大阪市では、こういった大阪葬儀に関する互助会のトラブルが、消費者センターに数多く寄せられています。うまく利用すれば便利なサービスですが、安易な気持ちで加入することは避けるようにしましょう

使い道は冠婚葬祭限定であるからこその高サービス

将来に備えて積み立てるというと、金融機関の積立定期預金がありますが、他にも保険会社や共済掛金といったものも頭に浮かぶ人が多いでしょう。積立定期預金であれば、途中で解約しても現金を受け取ることが出来、元金が割れることもありません。一方、保険商品などの場合は、途中解約をすることで元金割れを起こす可能性もありますが、満期まで掛け金を納めれば現金で受け取ることが出来ます。 互助会というのは、掛け金を満期まで納めても現金で受け取ることは出来ません。この点がもっとも他とは異なる点です。加入した事業者の冠婚葬祭サービスの費用として利用することが出来るのです。ただしメリットも多く、関連事業で冠婚葬祭を行った場合、通常で支払うよりも大きな割引額で冠婚葬祭を行うことが可能となっているのです。

そのサービスが自分たちにあっているかどうかが重要

大阪葬儀に関するトラブルで、多く寄せられている事案は、そのサービスが自分たちに見合っていない場合の解約についてです。例えば、大きな葬儀をメインとしている葬祭場では、最近流行している家族葬などには対応していないところも多くあります。そのため、せっかく積み立てたお金が、肝心の葬儀に使用できないこともあるのです。そのために解約をする場合、多くは解約手数料というものがひかれてしまいます。積み立てた金額以下の戻し金となることが多く、トラブルの原因になっているのです。こういったことにならないよう、申し込みをする際は、きちんと約款を確認し、わからない点は質問し解決しておくことが大切です。また、自分一人で申し込むのではなく、家族とよく相談してどのような葬儀を望むのかも話し合っておくといいでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加