日程の決め方と仏滅について抑えたい大阪葬儀

古代中国から伝わった歴中では、暦に書かれた日時や方角から、その日の運勢や吉凶を占いました。この暦の中に六曜と言うのがあります。六曜は、大安、友引、先勝、先負、仏滅、赤口があります。その中で、大安は、なにかをはじめるのに、いい日であると定められ、結婚式、引越し、新規開店がよく行われます。その対極にあるのが、仏滅で、この日は、新しいことを始めるのが不適切な日とされています。しかしながら、お葬式の場合は、故人の冥福を祈る行事ですから、気にすることは有りません。しかしながら、文字から考えてお葬式に友引は、避けられます。友を引くと言う字ですから、故人が友人や親戚を連れて行く日だと言う考え方があります。大阪葬儀においても、火葬場がお休みとなりますので、お通夜、葬儀、告別式は、行いません。

六曜の考え方とそれに従ってする行動

大阪葬儀は、大阪府で使用できる葬儀場を紹介する会社です。特に、大阪市内や堺市内、吹田付近など、大阪市内付近などで葬儀を行う場合それぞれのご家族に適した葬祭会社を紹介しています。お葬式の受付は、365日24時間いつでも受け付けていますが、友引の日は火葬場がお休みのことが多く、お葬式は行いません。お葬式を行う場合、ある日突然家族は故人となってしまいます。息を引き取ってから24時間以降に火葬が出来ます。したがって、普通の日程であれば通夜、翌日が葬儀・告別式となります。 ところが、通夜や葬儀・告別式の日が友引となりますと、友引きの日は、葬儀関係の行事を行わないので、1日日程を延ばします。ただ、仏滅の日ならば通夜と葬儀・告別式の日は日程は開けません。新しいことを始めるのに不適切な日であるこの日はお葬式には、関係しませんので、避けられる事はありません。

お葬式の日程の決める時の年調者への配慮

六曜というのは、古くからの慣例です。結婚式を挙げる場合、殆どの人が大安にあげますが、最近は仏滅に結婚式を挙げるカップルも増えています。これは仏滅が悪い日なら0からスタートできるという新しい考え方です。お葬式を丁寧にあげるのは、古くからの慣習を、尊重する世代です。ですから、「友引にお葬式を上げるのはよくない」というその世代の思いを配慮しながら、お葬式の日程を決めることが大切です。ただ、現実的に年末年始、友引の日は、火葬場がお休みのところが多いので(土曜、日曜に火葬場は休日ではありません)、現実的に火葬はできない場合が多いです。お葬式に関して、一般の考え方で仏滅は、何ら影響がありませんので、火葬場も営業をしていますので、全く気にせず、葬儀・告別式を行う事ができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加